あなたの健康

オーガニック食品は本当に有用?

オーガニック食品は本当に有用?

オーガニック食品の利点は非常に明白です。簡潔に言うと、オーガニック植物は、農薬、合成肥料、下水汚泥、遺伝子組換え生物(GMO)または電離放射線を使用することなく育てられています。そう言うとすべてが良さそうに聞こえますが、実際にはどんな意味があるのでしょうか?そして、有機農業の本当の利点とは何でしょうか?弊社は、オーガニック食品に関する皆様の質問にお答えし、オーガニック食品がお客様自身やご家族にとって正しいチョイスであるかどうかを判断するにあたりサポートいたします。

「オーガニック」の本当の意味とは?

 

近年の健康志向の高まりにより、オーガニック食品の人気が著しく高まっています。しかし、ピュアでクリーンであることを謳うオーガニックブランドが非常に多く存在するいま、オーガニックが実際に何を意味するかを適切に理解することが、これまでにないほどに重要でなっています。

 

USDAによれば「オーガニックは、食品またはその他の農産物が、承認された方法で製造されたことを示す表示用語です」。これらの承認された方法により、買い物客は、クリーン且つピュアで自然な、毒素や人工添加物を一切使用していない製品を見つけることができます。ブランドは、オーガニックであることを確実に主張するには、USDAオーガニック認証および非GMOプロジェクト認証済みシールを使用する必要があります。

オーガニック食品はより栄養価が高い?

 

先に答えを言ってしまえば、大きな「イエス」です。研究によると、オーガニックの果物や野菜は、従来の果物や野菜よりも抗酸化物質を20~40%多くもたらすことが明らかになっています。また栄養価に関して言えば、無農薬のオーガニック植物は、自然とビタミンや抗酸化物質の生産を高めて害虫を撃退するので、オーガニック食品はより栄養価が高いと考えられています。そして最終的には、より健全で栄養がたっぷりと詰まった製品が生まれます。オーガニック食品はより安全?もしそうであればその理由とは?

 

オーガニック食品がより安全であると考えられるのには、いつくかの理由があります。最近のスタンフォード大学の研究では、オーガニック農産物が、人体に有毒な農薬への曝露を減らす可能性があると結論付けています。また、オーガニックの豚肉や鶏肉を摂取することにより、抗生物質耐性菌への曝露が減少し、抗生物質に対する免疫から人体を守る可能性があることも明らかになりました。

 

アメリカ政府はまた、私たちの多くが低レベルの残留農薬に晒されていることを認識しており、一部の報告書では、パーキンソン病、喘息、うつ病と不安、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、白血病や非ホジキンリンパ腫などの癌の発症に関連している可能性があると示唆しています。これらの毒素に身が晒されることがなくなれば、私たちの食事ははるかに安全なものになることでしょう。

オーガニック食品は環境に優しい?

 

有機農業の主な利点の1つは、環境を保護するということです。有機農業は水と土地の汚染を減らすため、農地の周辺に住む多くの種類の鳥、動物、魚にとってより健康的と言えます。

 

有機農業は、水を節約し、土壌の侵食を減らし、エネルギーの消費を抑えるため、最も環境に優しい農業方法の1つになっています。有機農業のもう1つの利点は、農家が土壌の肥沃度を維持し、有毒な化学物質から土地を守るのに役立つことです。オーガニック食品のほうが美味しい?

 

多くの人々にとって、オーガニック食品の主な利点は、その味の良さです。無農薬の新鮮な農産物の味に慣れると、後戻りするのが難しくなるとされます。オーガニックではない食品を口にすると残留農薬の味を感じると言う人や、オーガニック食品により多く含まれる抗酸化物質が味に本当の違いをもたらすと言う人が多く見られます。

 

この理論は的を射ており、抗酸化物質の含有量が高く作物の収穫量が少ないということは、植物ごとに含まれる栄養素がより多くなり、美味しくて健康的な風味が濃縮されることを意味します。

 



Garden of Life

Garden of Life

作成者