あなたの健康

ケトーシス101: ケトン食療法をデザインする方法

ケトーシス101

簡単に言うと、ケトン食は通常、総カロリーの約70~80%を健康的な脂肪から摂取します。残りの20~30%のカロリーは、炭水化物とタンパク質に由来します。このタイプの食事を摂ると、体は「ケトーシス」と呼ばれる状態になり、主に脂肪をエネルギーとして燃焼させます。

 

ケトーシス状態になり、そして重要なことにその状態にとどまるには、炭水化物と砂糖の摂取量を1日あたり50g未満に制限する必要があります。これにより、身体に存在する残りの炭水化物の燃焼を開始させ、その後貯蔵されたぶどう糖に移動し、最後にケトンを利用します。ケトンは肝臓によって生成され、身体が強力なエネルギーを生成し重要な脳関連の機能を発揮するために使用されます。

 

ケトンは細胞の「スーパー燃料」であり、特にベータヒドロキシ酪酸(BHB)は、強力で効果的なプロセスを推進します。ベータヒドロキシ酪酸は、重要な遺伝子発現の調節、炎症の抑制、免疫スステムの活動、さらには抗酸化機能にも重要です。この重要なケトンは、ケトン食が非常に有益である基本的な理由の1つです。食生活を変更する前に、特にケトン食療法の初心者は、かかりつけ医に相談してください。ケトン食療法はあなたにぴったりかもしれません。

ケトン食療法の主な健康上の利点

減量をサポート

 

研究によって、運動を伴ってケトン食療法を実践すると体重が減ることが証明されています。実際に、ケトン食療法を24週間続けた人々を対象とした長期間にわたる研究では、参加者はBMIだけでなく、全体的な体重も大幅に減少したことが明らかになりました。これらの結果は、ケトン(高脂肪、低炭水化物)の食事計画に従うことでもたらされました。

心血管の健康をサポート

 

脂肪が動脈を詰まらせ、冠状動脈性心臓病を引き起こすというのは、長年にわたって信じられてきましたが、事実ではありません。心臓病の根本的な原因は炎症であり、プラークの蓄積を引き起こします。ケトン食を摂ることで、炎症に対する身体の健康的な反応をサポートします。

血糖値を保つようサポート

 

ケトン食療法は血糖コントロールに対して効果的です。様々な研究によって、この低炭水化物食(ケトン食療法)が、身体が健康的な血糖値を維持できるようサポートことが明らかにされています。

脳の健康を促進

 

ケトン食療法に実践することの主な利点の1つは、ケトンを効果的に生成および放出することです。ケトンは、脳内の新しい神経ネットワークの合成を刺激し、全体的な脳機能をサポートします。

エネルギーレベルを増加

 

炭水化物に依存している場合、特にトレーニング中や忙しい一日が続くときに、エネルギーレベルを維持することは困難です。身体がケトーシス状態にあるとき、身体は燃料として脂肪を使い、脳にケトンをもたらしてエネルギーレベルを高く保ちます。

 

ケトン食療法をデザインする方法

始め方: 始め方:初心者のためのケトン食療法

ステップ1: 断食

 

1~2日間の断食から始めます。この間、水を十分に飲みましょう。これにより、利用可能なすべての炭水化物を身体が燃焼するようになります(体をケトーシス状態にするために優れた方法です)。なお、断食を始める前に、医療関係者にご相談ください。

ステップ2: ケトーシスに適した食品を見つける

 

ケトン食品をたっぷりと準備しましょう。断食が完了したら、いよいよケトン食生活のスタートです。アボカドやココナッツオイルなどの健康的な脂肪だけでなく、タンパク質もたくさん必要です。シンプルな食べ物には、キノコ、ブロッコリー、シーフード、家禽、卵、チーズ、ギリシャヨーグルトなどがあります。

ステップ3: ケトンサプリメントを見つける

 

ガーデンオブライフで、ケトン製品と低炭水化物製品のラインナップをご利用ください。ケトン食療法をより便利にしてくれる製品を取り揃えています。これらの簡単に混ざるパウダーを利用することで、脂肪、タンパク質、炭水化物を計算する手間が省けます。食事の代替品として使用するほか、シェイクやスムージーにプラスしたり、料理やベーキングにも利用可能。選択肢は無限大です。

ステップ4: 食事の準備

 

最初の1週間のメニューを計画して、準備を整えましょう。慣れてきたら、ケトン食対応食品と独自に組み合わせて、お好みの食事バランスを見つけましょう。

ステップ5: 体を動かす

 

体を動かすことを忘れずに。減量を目標としている場合も、ケトン食と取り入れたライフスタイルで健康状態を最大限に高めようとしている場合も、運動は重要な要素です。フィットネス習慣がない場合は、何か楽しむことができるアクティビティを行いましょう。週に3~4回、30分間活発に歩くだけで、十分な運動量を得られます。スケート、サイクリング、ハイキングに出かてエンジョイしましょう!エクササイズをしたり身体を動かすことで消化にも役立ちます。これは、ケトン食と取り入れたライフスタイルを導入する際に、非常に重要なポイントです。

 



Garden of Life

Garden of Life

作成者