あなたの身体

カフェイン抜きでエネルギーを補給する方法

woman waking up with lots of energy in bed

朝一番の習慣や午後のスランプには、元気のつくカフェインに頼りがちなものです。

 

コーヒーやお茶からエナジードリンクまで、カフェイン飲料はちょっとした後押しが欲しい時の一般的な選択肢です。しかし、カフェイン抜きでもエネルギーを補給できる方法がほかにも数多くあることをご存知でしょうか?

 

カフェイン摂取量を減らしたいとお考えでしたら、自然派な方法でエネルギーを補給できる以下のうちのどれかをぜひお試しください。ダイエットや運動方法からエナジーサプリメントまで、カフェイン完全抜きでエネルギーを補給できる選りすぐりのコツをまとめました。

 

カフェイン抜きでエネルギーを補給する6つの方法

 

1) 屋外に出る

 

特に天気が良い日は屋外に出て、自然の中で過ごすだけでも元気な気分になるものです。天然の日光はビタミンDの生成を助け、気分の向上や倦怠感の軽減のほか、数多くの大切な身体機能を司る総合的な健康の維持にも役立つとして知られています。

 

自然は元気を高めてくれるだけでなく、創作意欲、集中力、パフォーマンスの向上も手助けしてくれます。

 

2) 良好な食事をとる

 

「体は食べたものでつくられる」という言葉はまさしく事実です。体に取り込む食べ物もまた気分を左右させます。そのため、栄養と腹持ちを兼ね備えた食べ物をしっかり選ぶことが大切です。

 

野菜、果物、全粒穀物、豆類などの複合糖質は、腹持ちの良い1日の栄養となるため、豊富な複合糖質の摂取が理想的とされています。さらに、魚、卵、豆腐といった低脂質のタンパク質は、健康的な血糖値とエネルギーの維持に適した食品の選択肢です。最後に、アボカド、ナッツ類、種子類、ココナッツを含む良質な脂質からは、満腹感が得られます。

 

woman drinking water from a bottle

 

3) 水分を十分にとる

 

何か1杯飲みたい時はいつものお気に入りのコーヒーやコーラに手を伸ばす誘惑を振り切り、代わりに水を選びましょう。低脂肪乳のキャラメルラテに比べ、水からはあまり魅力が感じられませんが、身体の水分補給をすることは倦怠感や眠気を防ぐためにも重要なことです。

 

水を十分に飲み、カフェインを摂取せずにエネルギーを補給して、脱水状態を防ぎましょう。脱水状態は、集中力、気分、パフォーマンスにも影響を及ぼします。そのため、カフェイン飲料の代わりに水を選ぶことを習慣づけるために、手元に水筒を常時置いてみてください。

 

4) 散歩に行く

 

カフェイン飲料から、文字どおり物理的に離れてみましょう!散歩に行くことで元気が高まり、気分も冴えさせてくれます。家の周辺やお庭、またはアウトドアで散歩することはもちろん、脚を伸ばすだけでもセロトニンやエンドルフィンといった「幸せホルモン」が分泌され、心がすっきり晴れ、気分の向上につながります。

 

5) 積極的仮眠をとる

 

活力向上のための仮眠は、妙なアドバイスに感じられることがありますが、積極的仮眠をとることで実際に注意力や記憶力など、全体的な活力の向上に役立ちます。職場のデスクでの仮眠は不適切とされているとはいえ、20~30分の仮眠で活力をリチャージしたようなすっきり元気な気分になれます。また、わずか10分の仮眠でも活力の向上につながります。

 

6) ビタミンやサプリメントを摂取する

 

急なエネルギー切れは、もしかすると正常な身体機能に欠かせない必須栄養素の不足によるものの可能性もあります。ビタミンやサプリメントの使用は、カフェインに頼らずに自然派な方法で活力を高められる最適な手段です。

 

エネルギー補給のためのビタミン

 

ガーデンオブライフでは、活力向上に役立つビタミンを取り揃えています。

 

ビタミンB群

 

活力向上のためのビタミンをお探しでしたら、ビタミンBで決まりです。8種のビタミンB群からなるビタミンB複合体は、正常なエネルギー生成代謝をサポートし、倦怠感や疲労感の軽減に役立ちます。

 

ビタミンB12は体内で生成できないため、最も不足しがちなビタミンBの1つです。ビタミンB12は動物性食品に自然に含まれる栄養素であるため、ビーガンやベジタリアンの食事制限を持つ方はビタミンB12不足になるリスクが高く、そうした栄養素をサプリメントで補うことが推奨されます。ビタミンBのサプリメントで活力を高め、お疲れサインを撃退しましょう。

 

 

MCTパウダー

 

正常な体の働きに必要なエネルギーの補給は、低炭水化物ダイエットを実施中の方にとって難点になりがちです。

 

ココナッツオイルに自然に含まれるMCT(中鎖トリグリセライド)は、長鎖脂肪酸よりも消化率に優れた脂肪酸の1種です。そのため、MCTは短時間でエネルギーになり、素早いエネルギー補給を可能にします。

 

ガーデンオブライフのケト オーガニック MCTパウダーをシェイクやスムージー、または焼き菓子に加えて、カフェインを摂らずにエネルギーを速攻補給しましょう。

 

 

マカの根

 

ペルーの薬用人参としても知られているマカの根のパウダーは、栄養価の高いエネルギーを体に補給できるハーブのサプリメントです。

 

ガーデンオブライフのマイカインド オーガニック ハーバル マカルートパウダーは、生きたままの豊富な善玉菌のほか、幅広い必須ビタミンやミネラルを含み、カフェインを摂らずに天然のオーガニック成分で活力を向上できるビーガン処方の最適な栄養補給手段です。

 

 

ビーツグミ

 

鮮やかな赤色が特徴的なビーツもまた、活力向上と心臓の健康をサポートする根菜類の1種です。ビーツには必須ビタミン・ミネラルやポリフェノールに加え、強力な抗酸化成分が凝縮されているだけでなく、硝酸塩も豊富に含まれており、筋肉や細胞への酸素供給を手伝います。

 

ガーデンオブライフのオーガニックのビーツグミは植物性のビタミンD3・B12を配合し、本来の健やかなエネルギー生成と心臓の健康を応援する処方です。

 

ビーガン対応の食べやすいラズベリー味のビタミングミで自然のままに体の活力を高めましょう。

 

 

アップルサイダービネガーグミ

 

カフェインでエネルギーを補給できる自然派のサプリメントをお探しですか?そうした要望には、ガーデンオブライフマイカインド オーガニック アップルサイダービネガーグミが理想の解決策となります。

 

1日3粒でオーガニックのコーヒー豆と緑茶由来の天然のカフェイン40mgが摂取できます。集中力を研ぎ澄ましつつ、体の活力を高めることを目指した処方で、丸ごとの食材から得られるビタミンB12を体に届けます。この風味の良いエネルギーサプリメントで、リンゴ酢の栄養成分1000mgを余すことなく味方につけましょう。

 

 

ビーガン対応のビタミングミについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください:

 

ビーガンビタミングミのご紹介

あなたの健康

ビーガンビタミングミのご紹介

ビーガングミの全ラインナップをご覧ください。

2022-02-28 10:39:23Garden of Life について



Garden of Life

Garden of Life

作成者